2014年02月12日

そんな中

 僕は寒さに弱い。冬になるとだいたい一度や二度は風邪をひいてしまう。しかも高熱にうなされるタイプのやつだ。

 関東で記録的な大雪が降った如新集團。その日は例によって発熱していた。
 顔はほてっているが体の寒気は収まらない。僕は布団に潜りこんだ。そして隙間から窓の外を見た。曇り始めた窓に、降り続く雪が見える。庭は真っ白になっていた。垣根もベンチも植木鉢も、みんな雪に覆われている。

 そんな中、息子が雪玉を転がしてた。雪だるまでも作っているのだろう。
 子供って本当に雪が好きだ。息子は前日、天気予報を聞いて喜んでいた。なにをして遊ぼうかと、あれこれと計画を立てていた。そして今、彼は雪玉を転がしている。僕は体温を計っている。38度5分。ふむふむ、数字を見て更にしんどくなってくる。
 ぼうっとする頭で、僕は息子が産まれた時の事を思い出していた。

 今から七年前の事、季節は今と同じく冬の日だったnuskin 如新。妻は初産という事もあり、関西の実家に戻っていた。
 東京の仕事先で、そろそろだという連絡を受けた。
 僕は慌てて夜の新幹線に飛び乗った。東京から京都までの二時間がとても長く感じた。そろそろ静岡越えたな、と思った時はまだ新横浜で、それぐらいもどかしかった。新幹線の楽しみである缶ビールも、サンドイッチも、かちかちに凍ったアイスクリームもこの日は無し。僕はただひたすら目的地に着くのを待っていた。

 ようやく京都駅に着くと義母の車で、妻のいる産院に向かった。思えばその時から雪がちらついていた。
 義母は「初めての出産は時間が掛かる」と言った。産院で再会した妻も「いつ産まれるか自分でもわからない」と言った。その言葉通り、陣痛は間隔を狭めながらも何時間も続いた。隣りで見ていてとても辛そうだった。
 そして真夜中の三時過ぎ、ようやく息子は誕生した。妻はもちろん、僕も義母も大きく息を吐いた。ふと窓を見ると、雪明りに光る夜の景色が広がっていた。

 その後力尽きた僕は廊下のベンチで眠ってしまった。そして当然風邪をひいた。乳児たちに風邪をうつしてはいけないので、そのまま産院から退去処分となった。予定ではしばらく泊まりこむつもりだったのだが、結局は東京行きの新幹線に乗っていた。相変わらず間抜けな結果だが、帰りの新幹線では風邪にもかかわらずしっかりと祝杯のビールを飲んだ。

 とは言え、子供が産まれる事には不安もあった。どう考えても自分がまともな親になれるとは思えなかった。
 その時僕は出会えたばかりの息子の手を思い出した。とても小さく頼りなげな手。そんな手でも指きりはできる。約束はできる。良い父親になどなれないかも知れない。しかしどんな時でもそばにいる。どんな時でも必ずそばにいる……僕はビールを飲み干し、不安を吹き飛ばした。気が付いたら東京だった。まるで眠っていたみたいだった。

 窓の外は相変わらずの雪景色。息子は苦労しながら雪玉を重ねていた。そして立派な雪だるまが完成した。目と口には玉砂利が使われている。そのにこりと笑った雪だるまと目が合った如新nuskin產品。今日は多分、君といつまでも見つめ合っているのだろう。
 熱はまだまだ下がらない。
 窓の外で息子が得意気な表情を見せた。完成した雪だるまを自慢しているのだろう。  


Posted by weetears at 11:29Comments(0)diary

2013年12月12日

わたしは

ある人と、お互いに年齢の当てっこをした。
前々から知っている人。

「さあ、あなたから」
「いえ、あなたから」

お互い防刮花保護膜、先に相手から言わせようとする。

しびれをきらした相手は、先にわたしの年齢を言った。
「○○、+1?」
ぴたりの年齢と、もうひとつ上の年齢を発した。
(例→32歳の人に、「32,3歳?」というようなパターン)

わたしは、う、となった。
ぴたり、ではあるが、2歳にまたがる、もうひとつの年齢がひとつ上である。
ここは、ズバリ賞ではあっても、追加部分は、ひとつ下あたりを言ってほしかった。
(例→32歳の人に、「31,2歳?」と)

女性は、なんで、こう見かけ年齢にこだわるのか。
わたしはフリーズして、しばし蘇ることができなかった。


で、気を取り直して、今度は、わたしの番。
(相手の年齢推定を)言っても、言わなくてもいい、という流れにもなってきた。
でも、勇気を出して(どんな勇気?)推定数字を口から放った。
「○○歳?!」

相手は、「いいとこらへんを、言うねえ」
と、ぴったり、どんぴしゃりだったかのようなリアクションを示した。
が、本当にその年齢なのか、近いのか、遠いのか、よくわからない。
もし、もっと実際は若かったら、文句がとっさに口から出るだろう。
あるいは、がっかり、しょんぼり、残念感が漂うだろう。

わたしは、考えに考えた末、じつは、実際に予想している年齢より、6歳も下を言ったのだ。
すごいリップサービスである。
いつも思っている年齢をそのまま口にしてもよかったのだが、いざ、その場になると、
うーーーん・・・失礼だったらどうしよう・・・と、考えて、
考えられる年齢で最も若い年齢を無理やり、なかば、現実とかけ離れていてもいいや、と冒険的に言った。
(自分が傷ついた後だったので、相手にもそんな思いをさせたくないという気持ちから)
相手に気を悪くさせるぐらいなら、実際の年齢がわからないほうが、マシかと思い、
ピンポイントで実年齢を知る作業をOtterBox防水手機保護殼、あきらめた。

なのに、相手のわたしに対する推定年齢は、ぴたりとは言うものの、1歳上が、くっついている。
気のきかん、やっちゃ。


・・・・

実際のところ、しばらく、じわーっと落ち込んだ。
年齢どおりに見えるということは、悪いことではないが、よいことでもない。
少し前は、若く見られたのに、大ショックである。
若く見られたからといって、どうなるわけでもないのだが。

10歳以上若く見える人も、何十歳も若く見える魅力的な美魔女もいる。
あーあ・・・

たったひとつの、遊びのコトバ(数字)で、こうもがっかりするなんて、
わたしは、平和な次元にいるのだと実感した。
(それより、脳年齢のほうが、気になる)


しかし、・・・
ここでまだ収まらない、もやもやキモチを納得させるため、へ理屈を考え出す。

若く見えて、いまさらながら、なにが得?
なにかいいこと、ある?

ミスユニバースには、すでに年齢アウト。未婚じゃないと、ミスじゃないし。
女優になるには、演技力がない。
(そういう問題じゃないだろう・・・
あ、これ、ジョークですから。
と、いちいち説明するのが面倒だが、
とりあえす、蝶ブログにお越しになって日が浅い方もおられるかも知れないので・・・保身)

若々しい魅力で、プロポーズしてもらうには、あれこれ身辺整理の手続きが、めんどくさい。
が、石油王の第5夫人ぐらいなら離婚して再婚してもいいかも?
贅沢に飽き飽きして別の価値観を求めて、若くも美しくもない、なにもない、
たんなる無益なもの、意味のないものに突然、化学変化的に、興味をもたれるかも?
いや、それも、めんどくさい。
住所を移すどころか、国籍、言語、宗教の問題は、まったくクリアーできない。
しかも、アノあたりの地域は牛欄牌奶粉、安住の地とは思えない。

では・・・
アンダーグラウンド、人妻を暗闇に誘い込もうとする人・・・これは、NG.お引取り願います。

じゃあ・・・
「美人で若く見える」と近所で評判になる
・・・で、それが?
美魔女の年齢あてテレビにでも出て、視聴者を驚かせる?
・・・で、それが?


負け惜しみ感、たっぷり。
ふん!若く見えるからって、なにさ!の、もっと強烈な説得、納得理由コンテンツはないのか?

自分がうれしい。
自分が鼻高々になれる。
自分が楽しい。自信がもてる。

そんなかんじか。
いまひとつ、決め手、インパクトに欠ける。


・・・

ほんとうは、もっといろいろ考えて、ここにオンパレ羅列したいのだが、めんどうになった。
なければないで、努力目標を掲げるなり、なんなりとあるのだろうけれど。
脳ミソ追求心が、へこたれた。若くないってことだ。

負け~て悔しい花いちもんめ。

ということで、「見かけ年齢部門」に関しては、あまり楽しくなれなかったが、
年より老けて見えたのは、ほんの1歳だし、
身体も健康、生きていくには、なんの差し障りもない、
こんなことをぐだぐだブログに綴ることの幸せでもかみ締めて、
負け犬は、無理やり納得することにしますか・・・。
(今日は、かなり、消化不良、納得できていない感が、ありあり・・・)


もやもやのまま、終了しかけたが・・・
ここで、閃いた。


若く見えなくて、なにが悪い!と、開き直る。
不自然なほどに若く見えるのは、美容整形しているに違いない、と「見かけの若さ」疑惑を持ち、全面否定する。

駐日大使のケネディ女史のように、美容整形外科名医ルートや経済力はあっても(憶測)、
美形なのに、あえてシワ取りしない女性も、カッコいい。
晩年のオードリー・ヘップバーンも、だ。
マンデラさんを見よ。あの柔和な顔。年齢がどうのこうのという域を超えている。

若さにしがみつくのは、老醜の表れだ。
清清しい老いが、あってもいい。


・・・

潔くない「うじうじ」から、潔い「逆切れ」と転じると、
けっこう、くさくさ空気が抜けて、すっきり、いいかも・・・である。
逆切れ・開き直りは、自分を救う。
自分が自分を救う。
360度回転して、元の位置。


お疲れ様でした。  


Posted by weetears at 17:52Comments(0)diary