2014年01月21日

口に入るものは

どんなに注意していても口から発する言葉によって人間関係で躓いたことはないだろうか。誰ひとりとして口からの言葉で嫌な思いをしなかった人を見つけるのは難しい。口と言葉は切っても切れない関係なのだ。

「口に入るものは、人を汚さことはない。nu skin 如新かえって、口から出てくるものが人を汚すのである」(マタイによる福音書15章11節)。聖書に書かれている一節です。「沈黙は金」「口は禍の元」と言う諺も。その意味は、どちらも不用意な発言は身を滅ぼす要因となることであり、発した言葉が自らに災難をもたらすことと言うことだ。だから言葉遣いは慎重にせよという例えだ。

そうは言いつつも口から出る言葉によって様々なトラブルが生じていた。言葉によるトラブルは人類が生じた時から始まったようだ。人と話す事が大好きだけれども、後になって「あれは言わなければよかったかな」とつい後悔してしまうという人も多い。ついつい話しに夢中になり勢いにまかせて言ってしまった、と後から後悔すると言うだけで今のところ何も弊害が出ていない、と言うのならまだしも良い。しかし既に手遅れで人を傷付けていて、そのせいで無視されるようになったと言うで有れば如新集團、これは可なり深刻な問題と受け止めたほうがいいではないかと思うのだ。この様に言葉の怖いところは、一度口に出してしまうともう引っ込みがつかなくなるという事です。夫婦喧嘩の原因も、この「言った」「言わない」がある。私も何度も有ります(笑)

言葉で自分も楽しくて、一緒に会話をしている相手も楽しいというのが一番です。でも気づいたら自分一人だけで話していて他の人達は聞き役に回っていたという経験があるのではないか。お互いが話好きならいいのだが、聞き役が話嫌いならとても困ります。そんな人とは会話は弾みません。でも話嫌いでも、nuskin 香港最低限の意思疎通は大切なことです。

このように口から出る言葉は、人を高めたり、励ましたり、或いは意思疎通をするものです。その反面、暴力的で人の心を傷付ける言葉も発するのだ。見えない暴力が口からの言葉です。そうならない為にいつも優しい思いを心に満しつつ、いざ相手と話す時になると相手に適する言葉が見つかり出て行くと思います。


同じカテゴリー(記事)の記事
 ちなみに (2013-12-17 11:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。